男女

小まめな節電でビル全体の省エネ対策を行おう

医院開業のポイント

病棟

スムーズな集患のためにはクリニックの設計に気を配ることが大切です。外観では駐車場のレイアウト、内装では待合室やトイレなどがポイントになります。もちろんドクターの動線やメンテナンス性を考える必要もあります。

Read More

住みよい住環境への配慮

フェンス

フェンスには様々なデザインや性能があり、その種別をいかした適切な利用を行うことで環境をより良く整備できます。その中でも目隠し性能や防音性能を持ったフェンス、高さのある防犯性能を伴ったフェンスなどの機能を活かした建物づくりを行い、過ごしやすくて見た目も美しい環境づくりを行えます。

Read More

企業全体で節電するには

ビル

消費電力が多いものは

原子力発電所が停止しており、火力や水力発電などその他の発電所では負担が増加しています。また、電気は無料でいくらでも使えるというわけではありません。さらに、企業のビル、事務所など規模の大きいところでの電気代というのは案外大きいものです。では、どのようなことに気を付ければ効果的に省エネできるのでしょうか。一般に、オフィスビルでは昼間、特に10時から17時にかけて電力消費が多くなります。また夜間の消費電力は、昼間の3割程度となります。もちろん、これは季節により多少の違いが出てきます。ところで、電力消費の内訳はどうなっているのでしょうか。ビルで最も電力を消費するのが、空調、その次に照明、次いでパソコンやコピー機などのOA機器となります。特に空調は電力消費の約半数を占め、照明やOA機器の電力消費を足し合わせると9割近くにもなります。そのため、この部分で省エネ対策をしておくのが最も節電に効果的です。

どうやって節電するのか

では、空調や照明、OA機器などについて、具体的にどうすれば省エネが可能なのでしょうか。まず、空調ですが、特に電力消費の多い夏場は温度設定を28度に設定しましょう。また、使用していない部屋の空調は切っておきましょう。空調では、これら2つの行動が基本になります。さらに、可能であれば、日光を遮るためにすだれや遮熱フィルム、ブラインドを利用するとより効果的です。2つ目に、照明の場合、最も簡単にできるのが、間引きです。また、蛍光灯をLED照明に変えたり、昼休みに完全消灯を行ったりすると省エネに有効でしょう。さらに、OA機器は、長時間使わないのであれば、電源を切るか、スタンバイモードを使いましょう。他にも、エレベーターの稼働を減らしたり、給湯器などの電力消費の多い電化製品のプラグをコンセントから抜いたりするのも効果があります。また、自社での省エネ対策が難しいと考えている経営者は、ビル管理のコンサルティング会社にサポートしてもらうといいでしょう。省エネ経営のモデルを提示してくれ、自社に合った対策方法を一緒に考えてくれます。

頭に入れておきたい知識

店内

店舗を作るなら、内外装のデザインが大切ですが、どのようなものにするのかによって、業者を使い分けましょう。設計と施工を別々の会社にしても構いませんが、時間がかかるのは覚悟しておくと良いです。決断できないなら、各社と面接をすると選びやすくなります。

Read More