医院開業のポイント|小まめな節電でビル全体の省エネ対策を行おう
作業員

小まめな節電でビル全体の省エネ対策を行おう

医院開業のポイント

病棟

外観と内装

医師不足に悩む地方がある一方で、都会ではクリニックが乱立気味であり、患者側が医院を選ぶ立場になっています。いくらドクターの腕が良くても、クリニックに入ったときの第一印象が悪いと、スムーズな集患の妨げになるので注意が必要です。新設開業する際には、クリニックの設計にもこだわる必要があります。設計のポイントとして、外観では駐車場のレイアウトや環境と調和したデザインが挙げられます。入りやすい駐車場は特に重要です。また内装ではリラックスできる雰囲気の待合室、待合室から話しかけやすい受付、バリアフリーに配慮したトイレなどがポイントになります。居心地の良い空間を作ることは、患者の信頼感を獲得する第一歩になります。

動線とメンテナンス性

もちろんドクターやスタッフの動線、患者の動線を考えて設計することも欠かせません。医師がどのように動くかは、ひとりひとりの考え方や医療機器の種類によっても異なるでしょう。設計段階で十分に打ち合わせをして、デザインを煮詰めていくことが大切です。大型の医療機器の配置には、特に気を配らなければなりません。またクリニックは清潔感が命とも言えます。日々の清掃やメンテナンスが容易にできること、素材が劣化しにくいことも重要な点です。これらの要求をすべて取り入れ、かつ予算の範囲内で収めるのは、簡単なことではありません。理想を実現するためには、クリニック設計のノウハウを備え、実績のある専門の建築事務所に相談するのが有効な方法です。